ホーム > 焙煎師日記 > デロンギ最新全自動マシン設置して来ました。

デロンギ最新全自動マシン設置して来ました。

DSC_0070.jpg DSC_0069.jpg DSC_0071.jpg

デロンギ全自動エスプレッソマシン
ペルフェクタ ESAM5500MH
設置と調整に行ってきました!

新型になったばかりのマシンで、コーヒーの味は旧型に比べ5%程明るめになったような印象でした。

マシン内部の抽出システムは変わってないと聞きました、水量があらかじめ設定されていて使いやすく感じました。
もちろん自由に水量が設定出来る枠も1つあり、粉量と粉の挽き目も旧型同様に設定出来ます。

口当たりとコーヒーの質感を決める挽き目は、新型ではメモリが1〜7で、真ん中の4より1つ細かい3に設定して、薄くもなく濃くもなく適度な口当たりになりました。

1杯あたりのマックス粉量が11グラム
2杯抽出のマックス粉量が14グラムなので

ラテを作るときのエスプレッソは設定して11グラムで25ccと、ミルクが300ccに、エスプレッソを11グラムで30cc追加して1杯のカフェラテを作ります。

ホットコーヒーは14グラムで240cc
この位が適当な濃度でした。飲み始めは優しい口当たりで、温度が落ちてくるとしっかりした口当たりになって行きます。カップの最後の一口を飲むときのコーヒーが温度低下でひつこくならない濃度である事が大切です。
カフェラテに使うスチームドミルクの温度は旧型より30%程上がっている印象だったので、ミルク温度を上げる付属のゴムバルブは今回使用しないで良かったです。

この設定はミマツスペシャルティコーヒーのデロンギマシン用ブレンド豆での設定なので参考までに。

ミマツスペシャルティコーヒーではデロンギマシン用ブレンド豆を1キロ3,150円で販売しています、デロンギベルフェクタ全自動エスプレッソマシンも定価189,000円程度を140,000円で販売しています。

福岡県内や県外近隣なら無料設置無料設定させていただきます。
興味のある方は一度ご連絡下さい。

デロンギ営業マンではありません 雲田まで。

デロンギ最新全自動マシン設置して来ました。のコメント:0件

赤い文字は必須項目です。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

デロンギ最新全自動マシン設置して来ました。のトラックバック:0件

この記事のトラックバック URL
http://blog.coffee-store.jp/kumota/111112/trackback/
トラックバックの送信元リスト
デロンギ最新全自動マシン設置して来ました。 - コーヒー専門店:美松コーヒーストア【ブログ】 より
検索
フィード
管理用
Get Adobe Flash player